【大阪杯(G1)】枠順確定後分析

 


どうもたまです!

 


いよいよ2日後に迫ったG1大阪杯
古馬中距離王者決定戦にふさわしい豪華メンバーが集う1戦!

 


速いことにもう金曜日で、
追い切り評価も終わり、枠順も確定し
後は土曜の馬場を踏まえて展開読みをすれば最終指数が出てくる段階ですが

 


その前に!確定した枠順も踏まえ
有力各馬の長所と短所をまとめていこうと思います!

 

 

 

まずは確定した枠順から!

1ミッキースワロー
2サトノダイヤモンド
3ヤマカツエース
4シュヴァルグラン
5ペルシアンナイト
6スマートレイアー
7ゴールドアクター
8アルアイン
9トリオンフ
10サトノノブレス
11ウインブライト
12ヤマカツライデン
13マサハヤドリーム
14ダンビュライト
15スワーヴリチャード
16メートルダール


有力どころで内、中、外とはっきり別れる形に。

 

 

その各馬の枠順についてざっと見みると
☆好枠
2サトノダイヤモンド
3ヤマカツエース
4シュヴァルグラン
6スマートレイアー

 

☆まずまず
1ミッキースワロー
8アルアイン
9トリオンフ
11ウインブライト

 

☆マイナス
5ペルシアンナイト
14ダンビュライト
15スワーヴリチャード

 


前日、当日で外が伸びるならまた話は変わってきますが
14ダンビュライトと15スワーヴリチャードにとっては厳しい枠順とみています。

特にスワーヴリチャードに関しては右回りだと内に刺さるところがあり
外からだと直線でまともに追えない可能性も、、


また、直線に賭ける形の5ペルシアンナイトも
この内枠は微妙な気がします。

 

 

逆に好枠に入れたのは操縦性の高い2サトノダイヤモンドや内枠歓迎の3ヤマカツエース
特に4シュヴァルグランは内目の好位で構えて直線抜け出す形が理想で
この馬にとっては言うまでもなく絶好枠でしょう!

 


また、先行もしくは好位につけての競馬になりそうな8アルアインや9トリオンフ
11ウインブライト辺りはまずまずの枠順。
前目に出して長い脚も使っていける1ミッキースワローもまずまずの枠順と見ています!

 

 


そしてここからは有力各馬の長所短所をまとめていくと

 

スワーヴリチャード
Good
・”地力”としては現役屈指。前走も掛かり通しで先行した中、上がり2位の脚で勝ち切る強い内容。
・キレ味は確実で前からも後ろからも速い上がりを使える。
新馬、未勝利のみではあるが阪神はオール連対

 

Bad
・右回りだと内にヨレる癖があり、実際に4着に敗れた有馬記念も追い切れずで最後に差されての4着
→ここでの外枠は大きなマイナス。
直線まともに追えない可能性も、、

・不器用なタイプでもあり内回りコースで上手く立ち回れるか。

 


サトノダイヤモンド
Good
・終いの脚は強力。前走も明らかに不完全な状態の中、上がり最速で追い込んでの3着
・高い持続力が持ち味なうえ瞬発力も兼ね備える
・操縦性に優れ、展開への柔軟な対応が可
→ロスなく回れる内枠はなお良し。

 

Bad
・状態面不安。どこまで取り戻せるか
→前走以上は確実も、全盛期と比べると…
・鞍上。関西圏での戸崎JK


アルアイン
Good
・前目からの瞬発力が持ち味ながら、持続力勝負も可。前走でタフな展開への対応も見せた
・距離適性は抜群
阪神コースは無敗と相性抜群。

 

Bad
・究極の消耗戦への対応は未知数

 

 


シュヴァルグラン
Good
・抜群の持続力を持ちながら瞬発力勝負も悪くない。
・操縦性も高く、展開を味方につけやすい。
・内をロスなく立ち回っての競馬で更に持ち味活きる。絶好枠

 

Bad
・陣営からも最大目標は天皇賞と公言のある通り、本気度は低そう
→と思われてましたが調教の動き、乗り込み量を見るにここも充分狙いにきていそう!
最終追い切りも好内容でしたし、この点の不安は気にしなくて良さそうです。

・距離適性に疑問。2歳時を除き、2200m以下の重賞では全て馬券外

 


ミッキースワロー
Good
・位置を問わず速い上がりを使え、終いの脚は強力ながら、タフな流れを押し切る持続力もあり
・無気力騎乗のリスクのある鞍上ではあるが、関係性の深いこの厩舎かつ有力馬、この舞台ならそのリスクもかなり低い


Bad
・過去2レースながら、関西圏は全て馬券外。
・菊沢厩舎の関西遠征に対する相性の悪さ。未だに重賞は0連対。

 

 


ペルシアンナイト
Good
・終いの脚は確実。キレ味勝負ならまず崩れない
・舞台設定は良。2000mは適性内で、内回りではあるが直線の長い阪神はプラス。

 

Bad
・後方からの競馬が多く、若干展開頼み
・消極騎乗の目立つ鞍上。位置を取れず届かない、詰まるリスク。
→内枠から上手く外に出せるかという点も懸念点

 

 


ダンビュライト
Good
・長く良い脚を使える持続力が持ち味で、ヤマカツライデンの存在はプラス
・立ち回りは器用で良い位置を取っていける。内回りも向きそう

 

Bad
・ここへの出走の為、前走メイチ近くまで仕上げる形となった点。
消耗のありそうなレース展開でもあった為、余力があるかどうか
→追い切りを見るに状態面については引き続き良い状態をキープできてそうですが、大きく狙えるほどの良化は無さそう。
・内をロスなく回り先行抜け出しが理想なだけに、この外枠はマイナス。

 

 


トリオンフ
Good
・先行して速い上がりを使えるキレ味と、タフな流れを押し切る持続力を兼ね備えており
展開への対応力は高い。
・立ち回りも上手く、内回りコースは向きそう

 

Bad
・前走から3kg増の斤量57kg。56kgでの勝ちこそはあるが、57kgは未知数
・昨秋以降の好調が平坦コースへ集中しており、急坂コースは未知数。
阪神での2着経験こそはあるが500万下のレースで相手に恵まれた可能性も。

 


とざっと見ていきましたが
やはり枠順からもスワーヴリチャードは少し微妙な雰囲気…
ただ馬の能力は相当なものがありますので
消しまではやりすぎな気もしますが!

 

 

 

そんな中、一頭爆穴として注目したい馬はこの馬!

<ブログランキング>
Good
阪神コースへの相性は滅法強い
・ズブさは出てきたが位置取りとしては柔軟なタイプで展開への対応力は高い
内でロスなく立ち回れるこの枠もプラスになりそう!
・それなりのキレる脚も使えるが持続力やパワーを要されるタフな展開にも対応可

 

Bad
・究極のキレ味勝負となると少し部が悪い
・海外明けで状態がどれだけ出来ているか。
→追い切りを見るにここはクリア。むしろ状態は良さそうな動き!
・主戦の武豊JKを確保できなかった点

 

現時点でのオッズでもこのメンツなんで人気はないですが
ここも通用しうる地力はあると思いますし
馬券内なら充分期待出来そうな1頭とみています!

 

 

ここまでざっと見てきましたが

有力どころにも鞍上の乗り替わりや適性、展開面と
ケチが付くところも多い今回ですし
一波乱ある可能性は充分ありそう!

 

 


ここから土曜の馬場を見極めて
じっくり最終指数を出していきたいと思います!

 


まあ僕自身の今の調子はアレなんですけどね、、

 

 

それでも日曜を楽しみに!それでは!