〜独自指数で重賞予想〜たまの競馬予想ブログ

詳細はプロフィールを! 記事公開時間などの情報はTwitterにて@tkm_ouuma

【弥生賞】最終指数と予想

どうもたまです!


土曜日はチューリップ賞こそ的中でしたが
オーシャンS、、

 


相も変わらず煮え切らない結果ばかりですが
切り替えて弥生賞!やっていきましょう!

 

弥生賞(G2)

 

f:id:tamatama510:20180303205216j:image

指数上位はこちらのブログランキングにて発表!

 

[印]
ブログランキング
ブログランキング
ブログランキング
☆8ワグネリアン
△10サンリヴァル
△1オブセッション
(今回は変則的なフォーメーションでいくので
印自体は指数順位を並べたような形です)

 

[買い目]
3連単フォーメーション
3→1,3,4,9,8→1,3,4,8,9,10 各100円 16点
3連単フォーメーション
8,9→3→1,4,8,9,10 各100円 8点
3連単フォーメーション
8,9→1,4,8,9,10→3 各100円 8点

 

[見解]
土曜の中山の傾向としては時計は平均ほど、
前後の位置取りに関してはペース次第な面はあれど若干前有利といった印象。

内外に関しては極端な前残りの展開でもない限りは内の伸びが悪く
真ん中から外を通る馬が有利といったところですが
少頭数のここはそこまで気にするほどではないかなという印象!


ペースとしては、リビーリングかサンリヴァルがハナを切る形になりそうですが
両頭とも、速い流れは望まないと思われる2頭で
少頭数ということも考慮するとやはりスローペース想定。


展開としては今の馬場も踏まえて
前目に位置取る馬が有利になってきそう!

 

その点も抑えて本命は
ブログランキング
前走ホープフルSはこの馬のすぐ後ろに付けていたタイムフライヤーに脚元をすくわれる形となったが
Hペースの中を好位辺りまで押し上げた中、
最後の直線でも脚はしっかりと使えていて内容としても評価できる2着。

実力としてはこのメンツでも引けを取らないでしょうし
有力どころの差し勢よりも前目の位置を取っていける点は展開としてもプラス!


休み明けではあるが状態面も好調を感じさせる仕上がりでもあるうえ
このコースをこの鞍上と共に経験してるという強みもありますし
ここは頭まで想定して組んでいきます!


対抗はブログランキング
実力、完成度共に言うまでもなく世代トップクラスの存在!
ここは叩きでしょうが状態面も引き続き良好で
先行勢に向きそうな展開も含めると
まあ普通に勝ち切ってもおかしくはないでしょう!


ただ不安点としてはやはり距離。
新馬戦で稍重の1800でも余裕で勝ち切ってますし距離自体に問題は無いでしょうが
少し掛かり気味なところが目立つ面もあり、折り合えるかどうかですね。

その点がモロに出ると脚元をすくわれる形もありそうですが
まあここは普通に頭も想定して組んでいきます!


そしてもう1頭、頭で組むのは
やはり☆8ワグネリアン
この馬も実力面は言うまでもなくトップクラス。
そのうえ東スポ杯を勝ってから2歳G1を使わず
3歳からのこの戦線に照準を絞ってきた点も好感。


そして前有利な馬場ではありますが
上がりを使える馬は普通に問題無いという面も見受けられますし

仮にも差し向きの展開となった場合、まず勝ち切るのはこの馬だと思います!
その点も含めてここは頭も想定していきます!

 


馬券としてはこれら3頭の頭を想定した形で
指数1位の◎ブログランキングを軸として
勝負します!

 

それでは!