【フェブラリーステークス】指数途中経過と出走馬分析など

 

どうもたまです!

 

 

今回はいよいよ今週に迫ったG1フェブラリーステークスの指数途中経過と

出走馬分析をやっていきます!

 

 

まず驚かされたのは

皆さんもすでにご存知だと思いますけど、昨年1番人気3着のカフジテイクが

まさかの除外濃厚!!

 

脚質上、展開の頼りがないと勝ち切れないタイプでしたが

完全にそれが仇となってしまった感じですね。

普通に力は持ってる馬だったので本当にもったいない、、

 

この馬の除外こそ残念ですが

ですが今回も今のダート界を代表する馬が集結した豪華メンツになりそう!

 

中でも充実期に入ったテイエムジンソクとゴールドドリームが人気を分け合う2強オッズになりそうですが

今のダート界は混戦そのもの!

癖のある東京マイルという点もあり、やはりここも難解な一戦になりそうですが

しっかり見ていきましょう!

 

 

まずは

f:id:tamatama510:20180215000006j:image

 

指数途中経過から!

現状はゴールドドリームが1位となり、それに続いたのは近走陰りの見え始めたアウォーディーでした!

そして僅差でテイエムジンソクやノンコノユメなどが続きますが

ニシケンモノノフも同率3位の位置につけてきたのはかなり面白そうですね!

 

 

それはそうとこの指数表、なんだかこじんまりとしたような気がしません?

そうなんです!今回からダート重賞のみの変更点として、調教値を廃止します!

 

 

アプローチとしてはダート戦は馬の力で決まる部分が大きいというところで

調教による状態面を、同点時の取捨選択のみに留めようかなというところ!

 

展開面も芝よりは影響を受けにくいてところもありますからね!

この点についても、ダートは展開値の点差を狭く設定してます。

 

理由をザックリ言うとこんなところで、ザックリしすぎな気もしますが

これまでのダート重賞でテストしてみても、この形の方が可能性は高かったので

今回からはこれでいこうかと思います!

 

 

そんなこんなで前置きが少し長くなりましたが

有力馬を中心にザッと分析してみると!

 

テイエムジンソク

言うまでもなく、今が最も充実期と呼べる馬

ここも断然の支持を集めそうなところ!

 

東京マイルのこの舞台もこの距離も初になりますが

確かなスピードも持ち合わせてますし、さほど問題にはしないんじゃないかとも思います!

 

さすがに内枠で被せられるような展開になると少し不安ですが

好発を活かして展開を握れる形になれば勝ち負けは必至でしょうし

枠順次第ですが、現状はやはり逆らい辛い存在。

 

 

ゴールドドリーム

率直に言うとこの馬も当然逆らい辛い存在。

前走も断然の前有利な流れをただ1頭、猛烈な脚で差し切ったように力は本物!

 

 

展開としては、先行馬の兼ね合い次第な脚質ではありますが

この舞台についても、去年も勝ち切ったように得意舞台ですし

前走の状態を維持できてさえいれば、やはり連覇の期待は相当大きくなりそう。

 

 

サンライズノヴァ

3番人気に推されそうなのがこの馬。

お世辞にもレベルの高いとは言えない今年の4歳世代からは唯一の参戦ですが

ここ2年は4歳馬が勝ってるように、4,5歳の若馬がデータ上強いのがこのレース。

 

前走も好内容で力を示す2着と、力は確実に付けてきてますし

能力的にも軽視はしづらい1頭!

 

 

ノンコノユメ

前走は復活を感じさせる勝利!

それでも◯ンコは返ってこないですが。

 

そんなことは置いといて

内容としても2着のサンライズノヴァに最後まですがり切っての勝ち切りで

信頼し得る勝負根性も感じる1戦。

 

去勢後の凡走の要因の一つとして

闘争心のようなものが少し陰ってしまったのではといった懸念もありましたので

展開利はあったにせよ、前走のあの競馬はやはり高く評価したいなと思わせる内容でした。

 

終いの脚もそれなりに問われるこの舞台も合いますし

ここも充分期待できそうな存在!

 

 

ケイティブレイブ

前走でG1二勝目を挙げ、この馬もやはり充実期かといったところではありますが

内容としては少頭数もあって楽にハナを切って

スムーズに逃げていけた展開利もあってのもの。

 

ペースを握って自分の競馬に徹していけるなら

かなりの力を発揮できそうな馬ではありますが

多頭数で同型のタイプもそれなりにいるここでどうなるか。

枠順としてはやはり、先行しやすい外枠が欲しいところ!

 

 

 

アウォーディー

これまで中距離路線を主戦場としてきた馬で

マイルは初になりますが、決してズブいタイプの馬では無く、この距離も悪くは無いとは思います。

それにこの馬のソラを使うという悪癖を

忙しい展開である程度抑えることができるかもという点を考えると

むしろ良いのかもしれないです!

 

距離短縮が成功すれば、ここも勝ち負けしそうな力こそはあると思いますけど

目標がドバイなのかここなのか少しチグハグな点はやはり気になるところ。

状態面を見ないと何とも言えないですかね。

 

 

ベストウォーリア

昨年もゴールドドリームに迫る2着の好走でこの舞台は鬼。

とは言えここのところは少し低調で、前走根岸Sもフレグモーネによる回避と

状態面は気になるところですが

 

そこさえクリアすれば、リピーター色も強いレースですし

ここも外せない存在になってきそう!

前有利な展開ともなれば言うまでもなくプラス!

 

 

その他にも一挫折乗り越え、ここにきて力を示してきたインカンテーション

マイル適性こそは問われるものの、外枠を引いて展開も向けば一発ありそうなサウンドトゥルー

出てくるかどうかではあるがダートもこなせて力もあるレッツゴードンキなども注目したい存在!

 

中心になりそうなテイエムジンソクやゴールドドリームなどの上位人気はやはり強そうですが力自体は大きな差も無く、伏兵の台頭も充分ありそう!

 

そこを左右しそうなコースの特徴なども見てみると

 

f:id:tamatama510:20180214230702g:image

(画像引用元:競馬ラボ様)

 

まず特徴として挙げられる点はやはり芝スタート!

スピードの付きやすい芝からの発走でいかに勢いを付けられるかは鍵になりそうなうえ

この芝部分は外枠の方が長く、外枠を引いた馬の方がダッシュよく先手を取っていきやすい。

 

 

またこの部分は下り坂でもあり、脚を削ることなくダッシュも効かせられる為

このスタート地点を活かして勢いを付けて前にいった馬が有利になる展開も多いが

 

ここはやはり府中コース。

直線は長く急坂もある為、あまりにも前がキツイ流れになると、やはり脚を溜めた差し勢が一転して有利になるといった特徴も挙げられるそんなコース。

 

 

展開としては前日当日の馬場傾向も見てからですが

この特徴も踏まえて。先手を切りそうな馬の枠順配置もしっかり見て

展開を読んでいきたいところ!

当然ですが先行勢でどの馬が外枠に入るかは

まず注目したい点でしょう!

 

 

今日の考察はここまでですが

最後に現状注目したい穴馬はこの馬!

 

ブログランキング

スプリンターのイメージが強く、マイル戦かつ強豪揃いのここは人気薄の存在になりそうですが、

マイルに関しても昨年のこのレースでも

見せ場のあった内容での5着と

ベストは短距離だとしてもマイルも決して悪くないはず!

 

地力も充分期待できる馬ですし

好発を決めて押し切りを図る流れに持っていければこの馬の強さが充分活きてくる展開も!

とにもかくにも枠順次第ですが、現状はしっかり抑えておきたいといった評価です!

 

 

それでは!