【東京新聞杯】指数途中経過と主な出走馬分析

どうもたまです!

 

今回は東京新聞杯の指数途中経過と主な出走馬分析をやっていきます!

 

 

メンツを見るとG1馬3頭に重賞実績も豊富な馬も多く

この時期としてはかなりメンツが揃った印象。

 

ここから春のG1戦線に向けて楽しみな戦いがどんどん増えていきますね!

僕個人としても年末から振るわない結果が続いてますし

そろそろこの辺りで調子を上げていきたいところです!

 

 

それではまずは指数途中経過から!

f:id:tamatama510:20180201202659j:image

 

現状ではリスグラシューが抜けた数字に。

まあ安定感は高い馬ですし現状の1位も納得といったところ!

その他も有力どころは順調に指数を集めていってますが

何やら展開頼みな馬が多いなあという印象も、、

 

それでは有力どころを中心に出走馬をザッと見てみると

 

グレーターロンドン

予想オッズでは1番人気に推されそうなのがこの馬。
能力面については直線での加速力やキレ味も鋭く、ここは上位格とみて良さそう。
力はあるし直線の長いこの舞台も前走より好転しますが、
脚質的にも明らかに展開頼みな部分は否めないですよね。
信頼できるかどうかはやはりそこがカギになりそう。

 


アドマイヤリード

VMを制して以降は少し振るわない成績ですが
3着に敗れた前走は前が壁になる不利もあってのもの。
外に出されてからのキレは凄まじく、
やはり能力的にはかなりのモノを持ってると見ていいでしょう!

ただやはり前に行けない分展開はカギになってくるタイプですし
ゆったりした流れになるなら、せめて中団あたりからの競馬ができないと今回も厳しい戦いになるかも。

 


リスグラシュー

トップスピードに乗った時の末脚は堅実ですが
エンジンのかかりが遅いところが難点。
前走は後方から上がり最速で追い込むも届かず、完全に脚を余したような内容でした。

展開も当然問われてくる脚質ではありますが
直線の長い府中の舞台に変わる点と
恐らく長い脚を使うようなスタミナはあまり無さそうですが
この距離なら中団辺りには付けてこれそうですし
距離短縮もプラスとみてよさそう!
頭で予想出来るかは展開次第となりそうですが
連複系の軸にはしやすいのかなといったところ!

 


ダイワキャグニー

言わずと知れた府中巧者で適性的に微妙だった中山金杯もそれなりに走れていましたし
その点も含めて人気しそうな様子。

このメンツを見ても前目に付けれる点は展開としても確かにプラスにはなりそうですが
思いの外キレる脚が無いんですよね。
先行しての粘りこみが理想の型で、今回はその形を取りやすそうなメンツですが
瞬発力勝負になってくると少し部が悪くなりそう。

 


ダノンプラチナ

状態面からスムーズに使えない事が多かった馬で、ここにきて復調の兆しは感じさせる走りは見せてきてはいるんですが
勝ち切った前走にしても、展開の助けもあってのものですし
強調できるような内容かというと微妙な気も。。
メンバーレベルもかなり上がりますし
現状ではどうも過剰人気感が否めない印象。


クルーガー

故障明け初戦こそ精彩を欠きましたが
それ以降は本来の走りを取り戻してきた印象。

終いの脚も堅実ですし、位置取りも後方一辺倒というほどでも無いですし
前走のように中団あたりからの競馬ができればここも充分期待できそう!

戦績を見ると連続しての好走こそは難しそうなデータとなってますが
状態さえ順調なら!

 

サトノアレス

朝日杯を制して以降は振るわない成績ですが
近走は道悪が災いしてのものでもあり、良馬場開催の前走では上がり最速で2着に好走。

上がりもしっかり使えるうえ距離、コース共に得意舞台ですし
良馬場なら充分計算に入れておきたい1頭!

 

 


ここまでザッと見てきましたが
やはり中心は差し勢!
そのうえ、しっかりと上がりをマークできる馬が揃った印象で
ここで触れた馬以外にも、ガリバルディやストーミーシー、ハクサンルドルフなんかも
終いの脚は強そうですし
府中という舞台からもここは差し比べの決着ということも考えられなくはないですが


このレースに関しては前が有利な展開になりやすいレースでもあるんですよね。
去年もハナを奪ってドスローに落とし込み、究極の瞬発力勝負に持ち込んで勝ち切ったブラックスピネルのように
ここ2年は連続で逃げ馬が勝利しているレース。


今年も中心が圧倒的に差し勢というメンツですし
緩やかな流れで前有利な展開も充分考えられるところで
そうなってくると、やはり前を行く馬が展開的には穴になってきそう!

強力なキレ味を持った馬は多いですがここは位置取りも充分考慮に入れて予想していきたいですね!
そんな中、前有利な展開になれば面白そうな馬はこの馬!


<ベルキャニオン>

純粋な力の面で一枚落ちるのは当然否めないですが
ここ最近、先行策に転換してからは比較的安定した走りを見せてきてるんですよね。
ここはメンツ的にも楽に先手に付けていけそうですし
ペースさえ向いてくれば、終いのキレも悪くはないですし馬券内も期待できそう!
これが来ればかなりの穴にもなりそうですし
注目したい1頭!

 

 

今週のこのレースときさらぎ賞の最終指数は

Twitterで告知した通り、ブログでの公開予定です!

前日夜か当日午前でのアップ予定です。

 

それでは!