ご挨拶とアベレージ指数の解説

どうも!はじめまして!

明けましておめでとうございます!

 

たまと言います!

何者かと言うと、競馬予想GPというサイトを中心に競馬予想を公開しています。

 

そして重賞予想に関しては

f:id:tamatama510:20180104164708p:plain

 

このような独自の指数(アベレージ指数と勝手に呼んでます)を用いて予想する形を取っています。

 

最終の指数の公開は競馬予想GPでの有料公開が中心にはなってますが

(2018年3月以降の指数の公開はブログでの無料公開のみ)

無料での公開分と週中の予想記事などを

今まではTwitterでやってきてました

 

ですが文字数制限との戦いにいよいよ疲れ果ててきたこと。

また、今年から最終指数の無料公開レースを増やしていくということもあったので

思い切ってブログを立ち上げてみましたというところです!

なのでそのような情報は今後、こちらのブログにて公開していくつもりでやっていきます!

 

 

まずはアベレージ指数についての解説を載せていくんですが

2018年より、精度をより高めるべく

これまでの結果を総分析し、いくつかの項目を調整、変更しましたんで

その分も含めて解説していきます!

 

f:id:tamatama510:20180104164730p:plain

↑こちらは有馬記念17での指数。2018年からの変更分を反映しています。

 

☆アベレージ指数(合計点)

能力、調教、展開などの各要素を評価した数字の合計点で、この数値が高いほど3着内に入る確率が高いという評価

言わば総合評価です。

 

馬券での実用としては

基本は3連複フォーメーションで

ピンク字(指数1位)-赤字(主に指数6位以内が多い)-黄字(主に指数9位以内が多い)

で買い目の数は多くて30点ほど

 

また、各要素はアルファベットでの表記にはなっていますが

中身は数字の点数になっていて、その合計点がアベレージ指数となります。

 

アルファベット表記の中身についてもう少し踏み込むと

能力値、騎手値は同じアルファベット同士でも点数が違ったりもします。

それ以外の数値は固定点による段階的な評価になるので、

同じアルファベット同士は同じ点数です。

 

 

☆各要素について(今年からの変更点は赤字で記しています)

・能力値

近走の内容から算出。

主に近走の上がりタイムを、その時の位置取りとペース、馬場などの要素から相対的に評価し、独自の計算式により近走の走りの内容として数値化したもので

いわば純粋な力の面での期待値になります。

表記:S~D

 

・展開値

馬場やペース、コース形態などを踏まえ

レース展開がどれだけ向くかを、予想される位置取りや馬の特徴をもとに算出。

表記:S~Cで段階評価の固定点

 

・芝、ダート数値

ここは非常に単純で芝適性やダート適性。

A,Bの2段階なので芝変わりやダート変わりで適性が見込めないB評価以外は基本A評価

表記:A~Bで段階評価の固定点 

 

・騎手値

鞍上の重賞での最近の実績や、その馬に乗り慣れているかどうかを中心に評価。

G3戦に関してはこの項目を撤廃してましたが、今回の変更から芝のG3に関しては復活させます。

表記:S~C

 

・調教値

追い切りの動きなどをもとにその馬の仕上がりを評価。

3段階評価から2段階評価へ変更。

表記:A~Bで段階評価の固定点

 

・適性点

開催場やコースへの適性評価。

3段階評価から2段階評価へ変更。

表記:A~B

 

・道悪適性値

道悪適性の高い馬に加点。稍重以上の道悪で使用。

 

 

☆道悪指数

道悪のレースに特化した指数で、今回の変更より登場します。

普通の指数との主な違いとしては調教評価を撤廃し

道悪適性の高い馬に加点される道悪適性値を追加されているところ。

基本的に重馬場以上の道悪馬場で使用します。

ちなみに稍重までの場合は道悪適性点の追加のみで対応。

 

 

正直、Twitterで散々言ってたわりには

見た目にはあまり変わらないリニューアルになりましたけど

精度の面では効果はあるはず!

 

新しい項目を入れることも考えましたが

この形が今のところ良さそうなんで、しばらくはこの形でいきます!

 

そして今後も、結果に応じて調整していって精度をより高めていこうと思いますので

今年も何卒!よろしくお願いします!!

 

 

また、ブログランキングにも参加しましたのでよろしければクリックお願いしますm(_ _)m

<ブログランキング>