エルの重賞指数予想ブログ

詳細はプロフィールを! 記事公開時間などの情報はTwitterにて@tkm_ouuma

【回顧】宝塚記念(GⅠ)

 

なかなか時間が取れず回顧というものは出来ずですが、少しだけ振り返ります!

 

 

f:id:tamatama510:20190626213530j:image
f:id:tamatama510:20190626213543p:image
f:id:tamatama510:20190626213536p:image

 

結果

1着:☆12.リスグラシュー  指数4位

2着:◎1.キセキ  指数1位

3着:△11.スワーヴリチャード  指数7位

 

 

 

3連複(一応)的中 トリガミ

単勝 外れ

 

 

 

指数の3連複こそは当たりましたが

さすがにもう少し絞るべきでしたね、、

 

 

 

ヒモ荒れ想定でいってのこの点数でしたけど

これで的中と声を大にして言うことはさすがにできません。

 


単勝の方はしっかり外しましたし、負けは負けです。

 

 

 

 


予想の方を振り返ると

展開読みは良かったと思います。

 


このレース自体、コースレイアウトと例年の重ための馬場から、差し寄りの展開が基本線だと思いますが

 


当週は前残り決着が目立つうえに(ここまでは差し寄りだった去年も同じ様な感じですが)

速めの時計も出る様な少し軽さのあるような良馬場での開催になり、今年は例年以上に前が残りやすい馬場と踏んだこと

 


また、最内にキセキが入り、テンの速い馬こそは揃っていても、キセキを見る形でのテンの入りと予想して

ある程度流れてもグリグリのハイペースにはならないと踏んでいたこと。

 

 

 

まあ最終的には当日の同距離同コースのレースでの前残り決着で確信的になったんですけど、

上記の点からも、割とすんなりと前目に張れたところは良かったと思います。

 

 

 

 


後は能力値も2位(27点)→1位(28点)→4位(26点)の上位決着でしたし、

エタリオウは残念でしたが人気のレイデオロ、穴人気していたマカヒキの能力値がさほど伸びなかった点も

うまく機能していたと感じました。

 

 

 

 


ただそれでもリスグラシュー単勝を買えなかった点が最大の敗因で、

週中では考えていながら買えなかった理由としては

海外休養明けを嫌ってしまったこの1点ですね。

 

 

 

自分のファクターでもある指数の能力値の高さだけでなく、

持続ラップもこなせるうえ、急坂への適正の高さ。

そのうえ、この馬の加速が若干遅い点をカバーできる動きやすい大外枠と買い要素は揃っていただけに

もったいないことをしてしまったなと。。

 

 

 

まあこれはもう今さら悔やんでも仕方ないんですが

思うこととしては、このレースに限った話では無いですけど、

指数以外で買う時の目の付け所がとにかく甘い。(指数もまだまだですが)

本当にまだまだ甘いなと感じます。

 

 

 

 


現に今の予想家さんの中でも特に上手いと思う予想家さんは

リスグラシューからしっかり勝負できてましたし、

こういう方達はより確かな根拠を持ってしっかりと狙えています。

(例えばメシ馬さんやキムラヨウヘイさん等々)

 

 

自分もやってる以上はその領域までいくつもりですけど

まだまだ狙いどころが甘いなと

もっと勉強しないといけないなとヒシヒシと痛感した

そんな宝塚記念でした。

 

 

 

 


P.S.

上半期の振り返りも、時間ができた時にどこかでやろうと思います!

指数についての説明と注意点

 

指数についての説明は下記でしますが、

まずは注意点から。

 

 

 

☆注意

・指数の公開時間は遅めです。

以前やってた時と比べてかなり遅めの公開時間になると思います。

だいたい、当日15時前後です。

究極に遅い時は、まじで発走15分前近くとかになることもあります。(さすがにそれはなるべく避けるようにしますが)

 


なぜかというと、展開予想を組み込まないと完成しない指数であることと

その展開予想には当日の馬場状況とそれに伴う傾向も反映させる為で、指数の精度を少しでも上げたいので(僕自身も負けたくないのでw)

こういう形でいきます。

 

 

 

 


予想の公開場所は基本Twitterで公開します。

画像で貼る形にするので予想履歴とかはTwitterアカウントの画像欄で見てください。

 

Twitterアカウント:エル (@tkm_ouuma) | Twitter

 

 

 

 


・馬券の購入は自己責任で!

当然やるからには、より良い予想を目指しますし

こんな僕の予想に乗っかって頂けるならありがたいですが

調子の良い時悪い時っていうのはどうしても出てくると思うので

あくまでそこは自己責任でお願いしますw

 

 

 

 


☆指数の説明書

 

f:id:tamatama510:20190630215700j:image

 

 

f:id:tamatama510:20190429185703j:image

 

 

 


左から

順位、枠番、馬名、合計値、能力値、展開値、芝(ダート)適正、騎手値、道悪値、斤量値、適正値

 

 

 

・合計値

単に全ての点数の合計で、この値で順位が決まり、1位に来た馬が3着内に来る確率の最も高い馬=軸

順位欄の色付き数字までが紐の扱い。

 


・能力値

近走の内容から、独自の算出方法でそれぞれの馬の発揮する能力の期待値を算出したもの。

単純に言うと、この数字が高いほど能力が高い。あくまで数字上は。

 

 

・展開値

この指数において重要な部分。

想定されるペースや馬場読みから展開を予想し

それぞれの馬のタイプや位置取りに応じて

展開が向くかどうかを採点したもの。

ちなみに段階評価。

 

(追記  2019.6.2  18:20頃)

軸、買い目の当落線上になる馬の中で

調教などから状態面に明らかな不安のある馬はここの評価を意図的に一段階下げます。

 

 

・芝(ダート)適正

単に芝、ダートへの適正を示す点数。

基本的には各馬で差は出ないです。

 

 

 

・騎手値

重賞で好走できるかというファクターで見た騎手の点数。

よく変動します。

 

 

 

・道悪値

道悪への適正。基本は有る無しの2パターン

 

 

 

・斤量値

登場回数はかなり少ないですけど、ある条件のレースの時のみ発動。

斤量への評価。

ここは減点ありか無しかの2パターン。

 

 

 

・適正値

開催場への適正。良いか、普通または初かの2パターン。

ちなみに道悪の時はこの項目は消えます。

 

 

 

各項目はこんな感じ。

また、合計値同点の時は優先法則を設けており

今のところは

指数同率1位:能力値→適正値→騎手値

指数同率2位以下:適正値→騎手値→能力値の順。

道悪の場合はそれぞれ頭に道悪値が来る法則で、

この順序で、それぞれの項目の優秀な方を評価していく方式です。

 

 

 

 


ざっと解説しましたが指数については以上!

また大きな変更などあれば更新します。

復帰のご挨拶と休止中の成績などなど

どうも!

 


"たま"改め"エル"です!

 

 

 

長い長いお休みを頂いてましたが

皆さんお久しぶりです。

 


初めての方は始めましてです!

 

 

 

まあ去年の4月に一度活動やめてから今日まで

話せばいろいろと長くなりますし、いろいろありましたが

平成の終わりに復活します!笑

心機一転名前も"たま"から"エル"に

生まれ変わりました笑

特に意味はないですが。

 

 

 


そんなこんなで、まずはこのブログについて説明すると

重賞を独自の指数により、3連複を中心に予想するという内容でやっていきます。

 


元は17年夏頃から競馬予想GPさんの予想家登竜門選手権にこの指数をひっさげ出場させて頂き優勝。

そこからプロデビューさせて頂くも、、

 


予想の不振と自身の未熟さを思い知り一旦有料公開を休止し

ブログに移行。。

 

 

 

するも再び挫折し、去年の4月で予想の公開を休止しておりました!

 

 

 

ただその時も言ってたんですが諦めてた訳ではなく

そこから色々な経験、学習、修行?を重ねて、、

再び皆さんの前でやっていこう!という感じです!

 

 

 

指数については別記事

指数についての説明と注意点 - 〜独自指数で重賞予想〜たまの競馬予想ブログ

で詳しく解説します。

 


まあ見た目については、以前から見て頂いていた方から見ると大きく変わった感じは無いとも思います。

 

 

 

そして肝心な精度については、、

 

 

 

結論言うとそこまで変わってないです。

 

 

 

 


指数1位の安定感については多少なりともは上がった感はあったんですけど(特に1月2月)

公開始めた途端悲惨な感じですし、

今年入ってからの成績もまあ平凡。

 

 

 

こればっかりは調子もあるんでしょうけど

自信を持ってオススメできるようなものではないです。

はっきり言ってまだまだその域には達してないので、今はあくまで参考程度で見ていただければ。

ここから地道に精度と安定感を上げていくしかないかなと思います。

 

 

 

 


一応、ここ最近の成績としては

↓重賞指数のみの成績

f:id:tamatama510:20190429183853p:image

 

主な勝ち鞍:

フィリーズレビュー3連複603倍

阪急杯3連複219.5倍

シンザン記念3連複162.7倍

 


2019年的中率:40%

2019年回収率:103%

(2019/5/29現在)

 

 

 

2019年本命馬(指数1位)成績

---

f:id:tamatama510:20190429184553p:image
f:id:tamatama510:20190429184542p:image

f:id:tamatama510:20190429192854p:image


勝率:34.0%

連対率:56.0%

複勝率:60.0%

 

(ちなみに単複は買ってないです。あくまで参考)

 

まあ面白くもなんともない数字ですね笑

そのうえ公開始めた途端1位が飛びまくってるんで

こんな数字ですら誰も信じてもらえないかもですけど、、

 

 

 

 


あと今年は相手選びがとにかく微妙な感じで

本命馬の数字の割に肝心の3連複の的中率はそれほど高くない感じ

そこが今の一番の課題といったところ。

 


なので、もし乗っかって頂くなら指数1位だけの方が圧倒的にマシですw

 

 

 

 

 

 

とまあ結局はこんな感じで、

本音言うと自信満々にスタートしたかったんですけどこれが現実なんで。

ここからはあまり気負いせず。マイペースに頑張っていこうと思うんで、よろしくお願いします!

 

 

 

 

今週の回顧と今後について(無期限休止)

 

 

どうもたまです!

 

 

f:id:tamatama510:20180401164428j:image 

 

 

f:id:tamatama510:20180401164422j:image

 

 

ご覧のように今週も全く良いところは無く。

逆神状態ということは言ってたんでまあその通りの結果なんですが。

 

 

改めて思ったこととして

全くもっての実力不足。

 

 

これまでの成績もそうなんですが

指数としても、自分の展開読みの技術としても

完全に何かが足りないんでしょう。

不調だの読み違えただの言って今まで誤魔化してた節もありましたが

つまりはただの実力不足です。

 

 

 

そして、この結果を受けてひとつ決断したこと!

突然すぎると思いますし、はっきり言って情けないですが

ここで予想の公開を完全に打ち切り、無期限の活動休止とさせて頂きます。

 

 

今まで見て下さってた方には本当に申し訳ないですけどね。。

ただ、少なくとも自分の今の水準として

予想を公開して参考にして頂くというレベルには明らかに達してないですし

 

そうなるまで、恐らくまだまだ膨大な時間が必要だと実感しました。

競馬歴も2年半ほどと、皆さんと比べてもまだまだ浅いと思いますし。

 

 

本当は春の宝塚記念辺りまでは見てからどうするか決めようと思いましたが

ズルズルとやっていくのは嫌いな性分なんで。

ここできっぱり決断させて頂きました!

 

 

 

まあ、そんなところでここからしばらく表舞台からは姿を消しますし

もう戻ってもこないかもしれないですが

 

 

ただ僕としては負けっ放しで終わるのも嫌いな性分でもあります。

ここから充電期間のような形に入りますが

 

またいつか、もっと素晴らしい予想ができるようになって

いつか戻って来られるように、

陰ながら、これから精進していこうと思っております!

 

 

 

それまではひとまずお別れです!

今までご覧頂いた方、本当にありがとうございました!!

 

そして、こんな予想でも参考にして頂いた方、

本当に酷い予想ばかりで申し訳ありませんでした。

 

ただ暖かい声を頂けたこともあって、なんとかここまでは踏ん張ってこれたんだと思います。

本当に感謝してます。ありがとうございました!

 

 

 

最後になりますが、またいつかお会いできることを祈って

それでは!!

 

【大阪杯】最終指数と予想


<ブログランキング応援お願いします!>


どうもたまです!


今回は大阪杯の指数と予想を

昨日公開した速報版に加えて見解と追加の買い目を交えてお届けします!




指数についての説明や使い方はこちら


大阪杯(G1)

f:id:tamatama510:20180401111630j:image


注意. 悔しいですがただいま逆神状態です。
なので指数1位の馬を軸にすることはオススメできません。

[印]
◎8アルアイン
◯4シュヴァルグラン
▲1ミッキースワロー
☆11ウインブライト
☆6スマートレイアー
☆9トリオンフ
☆14ダンビュライト
△2サトノダイヤモンド
△15スワーヴリチャード
△3ヤマカツエース

[買い目]

3連複フォーメーション

◎-◯▲☆-◯▲☆△ 各100円 33点

3連複軸2頭ながし

◎-◯→印  各400円  8点


土曜の阪神内回りコースの馬場を見ると
今週からのコース替わりもあってか、馬場の真ん中から内の伸びが顕著に出てました。


また、速い時計の出る馬場ともなってましたが
上がりは掛かり気味で、パワー系の要素も求められる馬場とも見受けられました!

 

位置取りとしては、上がりのキレ味が少し削がれる点と内伸びの傾向もあってか
前目有利といった印象。

差しに関してはペース次第では届きそうな面も見受けられましたが
(今の内回りコースでは)後方や外外を回しての追い込みは厳しい状況とみています!

 


そしてペースに関してですが
ハナに立つのは行くしかないヤマカツライデン。
スローの瞬発力勝負では確実に部が悪くなる
同系のヤマカツエースに流れを向かせる為にも
この馬が積極的に出ていく形となるでしょう!


ただ、先行勢自体はそれほどに多くないメンツでもあり、
ペース自体は極端に速い流れとはならなそう。
そうなると今の馬場状況からも位置取りとしては前目有利となってくるが

 

ヤマカツライデンの作る緩みの無い流れや、
3コーナー辺りからの早仕掛けでレースが動いていきそうなメンバー構成でもあり
スピードやキレ味だけでなく、持続力の要素も問われる展開となってきそう!

 


その点も踏まえて本命は
8アルアイン
枠こそはまずまずの枠順ですが
持続性能の問われる前走京都記念を2着と対応してきた点からも
持続力の問われる今回の展開もプラスになりそう!

 

位置も好位辺りの位置をしっかり取っていける馬ですし
状態面も引き続き良好!

また、ここ以上の適性舞台も無く
このレースへの陣営の本気度もおおいに伺えますし
予想以上に人気はしてきてますが、ここは期待せざるを得ないところです!

 


対抗は4シュヴァルグラン
好位の内を立ち回る形が理想のこの馬にとってのこの枠は絶好枠。
長い脚の問われる流れにも強いですし、展開面としては申し分ない1頭!

 

懸念点として、天皇賞が最大目標で叩き台としてのレースということがありましたが
追い切りではかなりの動きを見せており仕上がりとしては良好。
乗り込み量も多く、あくまで叩き台としても
充分動いていける態勢を作ってきていると見てとれます!

そうなると地力や展開の後押しという点も踏まえて
ここは大いに期待したい存在と考えています!

 

また、▲1ミッキースワローも
好位辺りの位置を取っていける馬ですし
この最内枠は充分活かしてこれそう!


この馬も長く良い脚を使う形も取れますし
展開面の後押しも期待でき、状態も引き続き良さそうなので
ここも好走必至の存在とみています!


ただし、輸送レベルには疑問符の付く菊沢厩舎ですんで
大きく狙うなら直前の気配には気をつけたいところです!

 

また、持続力勝負は歓迎の☆11ウインブライトや☆9トリオンフ、
☆14ダンビュライトもここは外せない1頭!

 

阪神コースへの適性も高く、ジリジリとした流れも向きそうで
このメンバーでもやれるだけの地力を見せてきている☆6スマートレイアーも期待したいところ!

 

また、最盛期ほどの状態では無さそうも前走以上の仕上がりに持ってこれており
持続性能も高い△2サトノダイヤモンドも言うまでもなく抑えておきたいところ!

 

人気の△15スワーヴリチャードも
内有利の馬場に加えて、右回りだと内に刺さる癖が強く、直線でまともに追えなくなるリスクから
この枠はかなり厳しい枠になりますが


G1ではとにかく強気での騎乗が持ち味の鞍上ミルコ。
先週の高松宮記念もかなり悔しい結果でしたでしょうし、陣営共々ここは本気で取りにくるでしょう!

馬の方も前目に出していく形も取れるようになってきてますし
前目にいって内目を確保できれば右回りの懸念点も少しは抑えられるはず!

 

まあハッキリ言って今回はマイナス要素の相当多い馬ですが
先述の点とこのメンツでもトップ評価の能力を考えるとここを外して買う方がむしろ危険な1頭とみています!

 

 

今回の予想はこちらで以上です!

といっても今の状態は本当にアレなんですけどね、、

ダービー卿は呪ったかのような軸の出遅れでジ・エンド。

ドバイこそなんとか元は取れましたが

ここはどうなるでしょうか!

 

 

まあでも今年の主役を決める1戦というほどのメンツです。

とにかく楽しんでいきましょう!

 


それでは!




 

<ブログランキング応援お願いします!>

【大阪杯】最終指数と予想(速報版)


 <ブログランキング応援お願いします!>

 

 

どうもたまです!

 

 

今回は大阪杯の指数と予想をやっていきます!

 

 

いよいよこの春一番の楽しみにしていたG1大阪杯です!

豪華メンツの集った1戦ですが果たして指数はどうなるか、、

 

 

さっそくやっていきましょう!

 

 

※速報版での公開です。

追加馬券、見解は後ほど更新します

 

 

指数についての説明や使い方はこちら

 

 

大阪杯(G1)

 

 f:id:tamatama510:20180331235654j:image

 

注意. 悔しいですがただいま逆神状態です。
なので指数1位の馬を軸にすることはオススメできません。

 

[印]

◎8アルアイン

◯4シュヴァルグラン

▲1ミッキースワロー

☆11ウインブライト

☆6スマートレイアー

☆9トリオンフ

☆14ダンビュライト

△2サトノダイヤモンド

△15スワーヴリチャード

△3ヤマカツエース

 

[買い目]

◎-◯▲☆-◯▲☆△  各100円  33点

 

見解、追加馬券は後ほど更新します!

 

 

 

それでは!



 


 <ブログランキング応援お願いします!>

【ドバイWCデー】最終指数と予想

 

どうもたまです!

 

 

今回は今夜行われるドバイWCデー4競争の予想を

ドバイターフドバイシーマクラシックの方は指数も交えて予想していきます!

(ただ指数の方はデータ不十分な点が多く

ほぼほぼ推定値のようなものになりますが、、)

 

 

 

それではさっそく!


 指数についての説明や使い方はこちら

 

 

ドバイシーマクラシック(G1)

注意. 悔しいですがただいま逆神状態です。
なので指数1位の馬を軸にはしないことをオススメします。

 

f:id:tamatama510:20180331141359j:image


[印]

◎1モズカッチャン

◯7ホークビル

▲6クラスオブスターズ

☆2アイダホ

☆8サトノクラウン

☆10ベストソリューション

△3レイデオロ

△5ポエッツワード


[買い目]

3連複軸1頭ながし

◎→印  各100円  21点

 

 

ハナに拘る馬が少なく、おそらく地元UAEのホークビルがハナ。

その他は積極的に先行に拘る馬も少なくペースは落ち着きそうで位置取りとして前有利。

 

また、このコースの傾向としてもあるところですが

やはりこのペースなら直線での瞬発力勝負の流れになってきそうです!

 

 

 

その点も踏まえて本命は

1モズカッチャン!

ある程度前目の位置も取りに行けるうえ

内を立ち回っての競馬なら相当に強い1頭!

 

今回もこの枠順は言うまでもプラスですし

日本の時計の掛かる馬場の水準のドバイの芝も

この馬としては向きますし

ここは大いに期待して良いと思います!

 

 

ドバイターフ(G1)

f:id:tamatama510:20180331142555j:image

 

[印]

◎2ネオリアリズム

◯12ランカスターボンバー

▲5ベンバトル

☆15ブレアハウス

☆1チャンピオンシップ

☆3プロミシングラン

☆14レシュラー

△6ジャヌービ

△7ヴィブロス

△9モナークスグレン

 

[買い目]

3連複フォーメーション

◎-◯▲☆-◯▲☆△  各100円  33点

 

 

ここも先行勢の少ないメンバー構成で

クロコスミアがハナに立ち、スローに落としてのレースとなりそう!

 

 

位置取りととしてはシーマクラシックと同じく前目有利で

直線での脚比べの展開になってきそう!

 

 

本命は2ネオリアリズム

前走香港カップではスマートレイアーなどから厳しいマークを受け、道中で全く動きの取れない厳しい展開。

それでも3着には残してきたことからも

洋芝の舞台でこそ最も適性を発揮する馬で

その点も加味するとここでは上位候補筆頭の存在!

 

 

マイペースに運びやすい今回の枠順やメンバー構成もプラスですし

展開の後押しも受けそうなこの馬を軸でいきます!

 

 

対抗は12ランカスターボンバー!

高速決着に強い馬で、ヨーロッパより時計の出やすいこの舞台はプラス!

 

 

また、ある程度位置も取っていけるタイプですし、地力も大いに期待できる存在。

オブライエン厩舎の今回の序列もこの馬がおそらく上位で、ムーア起用で勝たせにきてると思われますし

ここは穴で抑えておきたい1頭です!

 

 

 

また、展開の後押しの大きそうな

地元UAEの☆5ベンバトルと☆15ブレアハウス

 

 

日本勢からは、コース適性も高く

直線の上がり勝負になりそうなこの舞台という点からも

安定した終いの脚を使える△7ヴィブロスは外せない1頭とみています!

 

 

ドバイゴールデンシャヒーン(G1)

[印]

◎2エックスワイジェット

◯6ロイエイチ

▲8マイキャッチ

☆1マインドユアビスケッツ

△9ジョーダンスポート

 

[買い目]

馬単軸1頭ながしマルチ

◎→印   各100円  8点

 

 

ドバイワールドカップもそうなんですが

ドバイのダートコースの特徴として、砂が硬く

良馬場なら時計が出やすい傾向にあり

位置取りとしては断然前有利といったところ!

 

 

特にこのレースについてはその傾向が顕著で

特に速いペースになりそうもないメンバー構成からも

前に行ける馬を筆頭に考えていきたいところ!

 

 

その点も踏まえて、確実に先手を取れて

地力も期待できる2エックスワイジェットを本命でいきます!

 

 

 

ドバイワールドカップ(G1)

[印]

◎9ウエストコースト

◯5ムブタビージ

▲6フォーエバーアンブライドルド

☆2ノースアメリカ

△3ガンナヴェラ

△7タリスマニック

△10サンダースノー

 

[印]

馬単軸1頭ながし マルチ

◎→印  各100円  12点

 

 

ここも流れはさほど速くなりにくいメンバー構成で

ドバイの馬場を考えると基本的には前目有利。

 

馬券としても前目の馬を中心に考えていきたいところですが

ここは地力、実績共に上位で

位置も取っていけて展開利の見込める9ウエストコーストからでいきます!

 

 

 

それでは!